タグ:建物など ( 128 ) タグの人気記事

東京ディズニーシー点描:ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ

ディズニーシー・トランジットスチーマーラインの船着き場ともなっている建物がミゲルズ・エルドラド・キャンティーナです。
e0100772_22295966.jpg


ロストリバーデルタと名付けられた、中央アメリカの失われた古代文明をイメージしたエリアにあります。
エルドラドという言葉から連想できるように、黄金郷を夢見る者たちが集まる場所という設定です。
中に入ると、タコスなどを売り物にしたメキシコ料理のレストランになっています。
いかにも往事を忍ばせる古さを前面に出した外観は、見ているだけで飽きません。
e0100772_22355419.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2014-05-08 22:35 | 旅行

東京ディズニーシー点描

東京ディズニーシーは海を主題とするテーマパークです。
そのため、ほとんどの施設やアトラクションが海または水に関係しています。
2日目となるこの日は、帰りの時間が決まっているために、待ち時間の多いアトラクションをパスして、全体をぐるりと見て回りました。

入場して最初に「トランジットスチーマーライン」と名付けられた蒸気船に乗って、水路(海)を半周してロストリバーデルタと呼ばれるエリアに渡りました。
出港してすぐに見えるのが「メディテレーニアンハーバー」という名の、南ヨーロッパをイメージした港町です。
中世の要塞と思われる建物は、かなり本格的に見えます。
また、背景の火山はプロメテウス火山と呼ばれ、時折り噴火して、頂上の火口から火が吹き上がります。
橋をくぐってきたのが「トランジットスチーマーライン」の蒸気船です。
e0100772_21514974.jpg


そのままで航海できそうなガリオン船では、大砲を打つことが出来ます。
我が家の子どもがすっかり気に入って、何度も乗って遊んでいました。
e0100772_21553044.jpg


次はアメリカンウォーターフロント・エリアにあるケープコッドです。
中央の白い建物はケープコッド・クックオフという名のレストランです。
並んでいる人たちは何を待っているのか分かりませんが、園内ではホットドッグ一つ買うにも長い列になります。
e0100772_2234472.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2014-05-07 22:04 | 旅行

こどもの日

ゴールデンウィーク後半の4連休も3日目
そして「こどもの日」である今日、子どもを連れて新札幌の青少年科学館に行ってきました。
手近なところで子どもを楽しませる場所として、同じことを考える人が多いことが分かりました。
入場するための整理券を購入するために、北海道では珍しいほどの長蛇の列が出来ていました。
40分ほどの待ち時間を経てようやく入館できましたが、館内は大勢の子ども達で溢れていました。
科学館の目玉であるプラネタリウムは、3時間後の上映まで満席のため、今日は断念しました。
それでも、2階、3階のフロアーのあちらこちらにある展示は、子どもを十分に楽しませてくれました。

リニア-モーターの動く模型は、鉄道大好きの子どもを魅了していました。
e0100772_21375114.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2014-05-05 21:38 | 人物

ディズニーシー

東京ディズニー・リゾート観光の二日目はディズニーシーです。
その名の通り、海をテーマにしたディズニーパークで、平成13年(2001)にオープンしました。

入場ゲートを抜けてすぐに目につく大噴水です。
水がつたい落ちている大きな地球儀がゆっくりと回転しています。
時折り高く水が吹きあるので驚きます。
e0100772_2019654.jpg


通路正面のホテル・ミラコスタを抜けないと、ディズニーシーは見えません。
ホテルと売店、レストランがセットになっています。
朝の9時ちょっと過ぎですが、もう大勢の人たちが歩いています。
e0100772_20284239.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2014-05-03 20:28 | 旅行

東京ディズニーランド

子どもが幼稚園を卒園し、小学校に入学するまでの春休みに東京ディズニーランドに行ってきました。
私は今さらディズニーランドでもないのですが、
動ける間に子どもを連れて行って欲しいとの、かみさんのたっての頼みでやむなくの旅行ではありました。
まずは入園してすぐに目にするディズニーランドのシンボル、シンデレラ城です。
入場者がまず記念写真を撮るばしょでもあります。
e0100772_2244684.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2014-04-18 22:07 | 旅行

どこまで高くなれるかな

e0100772_205238100.jpg

工事現場の片隅に置かれた簡易トイレです。
屋根に積もった雪はいちども下ろされていません。
案外と丈夫に出来ているというか、倒れたりもしないものですね。
いい加減に下ろしてやればいいのに・・・と通るたびに思います。

それにしても、冬の工事はたいへんです。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-01-29 20:57 | 街の風景

これくらいは平気・・・

江別市では積雪深が141cmと、記録があるこの8年間で最も多くなったそうです。
なわけで、下の写真のような光景があちらこちらで見られます。
見るからに重そうですが、大丈夫なように造られているのでしょう。
e0100772_21412264.jpg

我が家では今日、車庫の屋根の雪を下ろしました。
この冬になって2度目です。
真正面から見ると、すこし左に傾いています(トホホです)。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-01-25 21:44 | 街の風景

厳島神社の狛犬

新しい写真が無いので、手持ちの中からアップします。
先月おとずれた安芸宮島の厳島神社には、狛犬があちらこちらに何体もあります。
神社に信仰はないのですが、狛犬の写真を撮るのは好きなので、この日も何体か収めてきました。
フェリー乗船場から神社に向かう参道で、最初に出会った狛犬です。
ブロンズ(?)製で、たくましい姿をしています。
口をあんぐりと開けているから 「阿」 です。
e0100772_2185791.jpg

そして、こちらがしっかりと口を結んでいるから、「吽」 ですね。
眼光鋭く、こちらを睨み付けているような表情は迫力があります。
角がある狛犬は鎌倉時代より前とありますが、こちらは立派な角があるので、それくらいに古いのでしょうか?
e0100772_21153086.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-12-05 21:16 | 旅行

小樽区公会堂

先日11月12日に、所用で小樽へ行きました。
小樽は函館と同じくらいに歴史を感じる街です。
会合があった場所が小樽区公会堂という、まさに歴史を感じる古い建物でした。
e0100772_2185960.jpg

一見して何やらお寺のような雰囲気で、間違った所に来たのかと思ったのですが、ちゃんと「公会堂」の表札がありました。
小樽市の歴史的建造物であるとの看板が立てられていました。
e0100772_21133459.jpg

旧岡崎家の能舞台が隣接して移築されていることも書いてあります。
公会堂も能舞台もまだ現役として使われていることもすごいと思いました。
正面の玄関ポーチの屋根がお宮またはお神輿のように見えて、見応えがあります。
e0100772_21192848.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-11-27 21:20 | 旅行

クレーンが降りる-札幌三井JPビルディング(仮称)

e0100772_222841.jpg

道庁赤レンガ庁舎前で建築中のビル-札幌三井JPビルディング(仮称)がだいぶ出来上がってきました。
外壁はほぼ8分通り窓サッシが設置され、残るは下層階だけになりました。
ということで、これまでの工事で活躍していたクレーンの「円山」と「豊平」もいなくなりました。
屋上に残っていたクレーンが降りる作業が進んでいます。
大きなクレーンが解体されて、代わった小さなクレーンで吊り下ろされ、これが順に繰り返されて、最後には全てのクレーンが無くなります。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-11-23 22:37 | 札幌