タグ:植物 ( 229 ) タグの人気記事

秋色深く

暑かった今年の夏の反動のように、速いペースで秋が深まっていくようです。
昨日は雪が飛んでいるのを見ましたので、来週には平地でも初雪があるかもしれません。

街路樹のナナカマドの実が真っ赤に色づきました。
「秋色深く」を感じます。

e0100772_17301161.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2017-10-09 17:30

タブレットPCのカメラもなかなか

普段タブレットPCを持ち歩いているけれど、写真を撮るのはいつもコンデジです。
画質や色合いがいまいち好きになれないのがその理由です。
でも、一ヶ月ほど前に機種を変更したタブレットPCに付いているカメラはなかなかだと思わされました。

先日、散歩の折に見かけたガクアジサイがとてもきれいだったので、持っていたタブレットPCのカメラで撮りました。
花びらのように見える装飾花の青色が、ほぼ見たまんまに撮れていました。
e0100772_22385220.jpg


これからは、タブレットPCのカメラで撮る機会が増えるかも知れません。
ちなみに、タブレットPCの機種はHUAWEI M8 です。
[PR]
by kitanonezumi | 2016-08-12 22:54 | カメラと機材

よりにもよって

よりにもよって、なんでこんな場所に根付いてしまったのだろうか・・・

なんとか頑張って、花茎を伸ばすまでにはたどり着いたのだとは思うけれど、
このところの好天と暑さ続きで、いささかへばり気味のようです。

e0100772_2017498.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2016-08-07 20:18 | 自然散策

終わりの紅葉

今年の秋は我が家の庭木の紅葉が、いつもの年よりも綺麗だった気がします。
11月初旬まで、それほど強い霜が降りなかったため、葉が傷むことなく色づいたためと思われます。
温暖化が進行している影響の一つなのでしょうか。

e0100772_222657.jpg

ベニシダレです。
夏場は地味な紫紅色ですが、春の新芽のころと、秋に紅色を見せてくれます。

e0100772_2213414.jpg

5年ほど前にかみさんが買ってきたモミジです。
品種名は忘れたとのことで、分かりません。
表側の葉が紅葉しても、中側にはまだ緑や黄の葉も残っていて、コントラストがきれいです。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-11-13 22:16 | 自然散策

秋の果物といえば真っ先に柿が思い浮かびます。
秋に府県を旅すると、民家の庭先に柿が成っているのをよく見かけます。
今度の旅でも枝に下がっている柿の実を見ることが出来ました。
e0100772_2244722.jpg


もう収穫期を過ぎてしまったようですが、果たして甘いか渋いか、味わってみたかったのですが、
柿盗人の勇気はありませんでした。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-11-07 22:08 | 旅行

里の秋

昨日、一昨日と気温が下がり(11月中旬並み)、冷たい雨が降ったりやんだりしました。
手稲山の頂も白くなって、初冠雪と思われます。
旭川では初雪が降ったとのニュースでした。
自宅のすぐ近くにある公園の木がもう紅葉し、秋の深まりを感じさせます。
e0100772_22315331.jpg


昨日は出勤の途中で雪虫が飛んでいるのを見ました。
なんだか、季節にせき立てられているような気がします。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-10-14 22:33 | 自然散策

コクワの実

e0100772_21104490.jpg


正式な和名はサルナシですが、コクワという名の方が馴染んでいる人も多いかと思います。
秋の初め、林の中に分け入って歩くと甘い言い匂いのすることがあります。
上を見上げると木に巻き付いているつるに3cmくらいのまくら型の実が成っているのを見かけました。
もぎ取って口に入れると甘い実が口の中でとろけるような感じです。

今の団地に住んでからはコクワのみを見たことはなかったのですが、かみさんが一昨年の春に苗を買ってきました。
今年になって初めて10数個の実がなりました。
まだ実は堅く匂いもしませんが、今からあの懐かしい味をふたたび味わえるかと楽しみです。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-08-09 21:22 | 自然散策

エゾニワトコ

e0100772_21225548.jpg


自宅から駅までの道筋の林にあるエゾニワトコの実が赤くなってきました。
ビーズのような小さい実が群がって着いて、緑に映えて鮮やかです。
エゾニワトコはスイカズラ科、本州中部以北から北海道の山間部や川岸などの日当たりの良いところに分布。
乾燥した茎は接骨木(せっこつぼく)、葉は接骨木葉(せっこつぼくよう)と呼ばれ民間薬として利用されます。
接骨木(茎)は鎮痛、消炎、止血、利尿の効能があるとされています。
枝は皮の下にあるずいが大きくてやや堅めのスポンジのようです。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-07-11 21:47 | 自然散策

大楠

e0100772_22162874.jpg


熱田神宮にある七本の大楠のうちの一本です。
お参りしている人と比べてその太さが分かります。
幹の周囲は7.70m、樹高は20m、樹齢は千年と推定され、弘法大師のお手植えと看板に書かれています。
七本の大楠の中では三番目の大きさですが、この木だけがご神木となっています。
幹の中の洞に蛇が住んでいるそうです。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-01-31 22:24 | 旅行

イスノキ

e0100772_21422033.jpg

豊橋公園=吉田城趾の鉄櫓(くろがねやぐら)の横に生えている大きな木、イスノキです。
大きさもさることながら、地表を這っている根がすごくて驚きました。
伊豆半島から西の地域に自生する常緑の高木で、4月のに赤い花を咲かせるそうです。
材は日本産有用樹種のなかでも最も重く硬いために、古代よりつげの木と並んで櫛の材料とされてきました。
その他にそろばん玉)、床柱、鴨居(かもい)などさまざまな用途に使われるとのことです。
e0100772_21522528.jpg

豊橋の巨木、名木100選に選ばれています。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-11-22 21:54 | 旅行