タグ:自然の風景 ( 494 ) タグの人気記事

熊出没注意

昨日の土曜日にも岩見沢のグリーンランドへ行って、子どもにスキー講習を受けさせました。
子どもが講習を受けている間に、天気がいいのでスキー場の近辺を散歩しました。
野生の動物たちの足跡が雪の上に残されています。
左の足跡がキツネ、右がウサギです。
e0100772_20464940.jpg


写真の左側に小さく看板が写っています。
近づいてみると「熊出没注意」と赤い字で書いてあります。
もう少し奥の方へ歩いて行くと、さらに詳しい看板がありました。
e0100772_2055223.jpg


すでにこの冬、山で熊に襲われた事故が2件あります。
冬眠しているはずの熊ですが、何故か起きているのが2頭もいたのです。
そんなニュースを目にしていると、この看板も現実味を帯びて見えました。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-02-22 21:06 | 自然散策

峻険な峰と沢

e0100772_21524516.jpg


新千歳空港から中部国際空港へ向かう途中、長野と岐阜の県境の上空からの眺めです。
峻険な峰と沢は、北海道では見られない風景だと思います。
Google Mapで調べたら、中央に見える沢に作られているダムは奈良井ダムです。
右下の集落は長野県の木祖村です。
そして切り立った尾根が続いている山が経ヶ岳で、その向こうに見える街は伊那市です。
上から見ると近いけれど、昔は険しい山を越えないと行けないということがよく分かります。
今は、国道361号線(権兵衛峠道路)が木曾地方と伊那地方を結んでいます。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-01-04 22:13 |

諏訪湖

e0100772_20574811.jpg


昨日と同じく、新千歳空港から中部国際空港へと向かう空からの眺めです。
ほぼ四角形の特徴的な姿をしている諏訪湖です。
上から見ないと、こんな形をしているとは分からないと思います。
人工的な湖かと思ったらさにあらず、断層運動によって、地殻が引き裂かれて生じた構造湖(断層湖)ということです。
写真では、湖の左側が岡谷市で右側が諏訪市です。
そして上方にそびえ立っている山脈が南アルプスです。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-01-03 21:07 | 旅行

富士山遠望

e0100772_21571447.jpg

新千歳空港から中部国際空港へ向かう空から見た富士山です。
長野県から岐阜県の上空で、手前の山脈は中央アルプスで、伊那谷を挟んだ向こう側の山脈は南アルプスだと思われます。
駿河湾につながる太平洋が光っています。
好天に恵まれないと、なかなか眺めることが出来ない光景です。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-01-02 22:06 |

秋の山

今日から10月、秋らしい景色の写真はないだろうかと在庫を探ってみました。
オンネトーから望む雌阿寒岳と阿寒富士です。
e0100772_2291361.jpg


荒々しい岩肌をむき出しにして煙を吐いている雌阿寒岳と、美しいコニーデ型の山容の阿寒富士は対照的ですが、
二つの山はともに活火山です。
活火山と云えば、9月27日に噴火した御嶽山では、今日までに47人の死亡が確認されました。
楽しいはずの登山だったのが、一瞬にして戦後最悪の火山災害になってしまいました。
今さらながら、自然の恐ろしさと人間の無力さが実感されます。
亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りいたします。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-10-01 22:17 |

羊蹄山とアンヌプリ

先日の黒松内へ行く旅の途中、倶知安の手前で見た後志の山。

蝦夷富士こと、羊蹄山です。
標高1,898mの成層火山で、なぜか後方羊蹄山(しりべしやま)と書かれている場合も。
山頂に雲をまとわりつかせて、見事に円錐形です。
e0100772_221427.jpg


視線を90°右へ転ずると
ニセコアンヌプリ(1,308m)と、その右側の奥にはイワオヌプリ(1,116 m)が見えました。
「ヌプリ」はアイヌ語で「山」だそうです。
若い頃、ニセコアンヌプリは何度もスキーで登ったことを思い出しました。
e0100772_22102147.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2014-08-15 22:11 |

雲がわく岬

先月、余市町へ行ったときにフゴッペの浜から見たシリパ岬です。
e0100772_2218733.jpg


雨を含んだ厚い雲が低く垂れ込め、山間のあちらこちらから雲がわき出しているように見えました。
シリパ岬は先へ行くほど輪郭が単調になりますが、どっしりとした不思議な存在感があります。

e0100772_22225627.jpg


ちなみにシリパ岬の名前の由来は、「海中に突き出す山の頭」を意味するアイヌ語から来ているそうです。
いかにもそれらしい名付けですね。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-07-02 22:26 | 旅行

新緑の林をサイクリング

e0100772_2115156.jpg


先週の土曜日、野幌森林公園へ行ってきました。
子どもは公園の入り口まで車で運んでいった自転車に乗って同行しました。
森林公園の中は林道が整備されているので、自転車でも楽に走ることが出来ます。
濃さを増してきた緑に包まれて、気持ちよさそうにサイクリングを楽しんでいました。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-06-14 21:07 | 自然散策

残雪わずか

昨日に続いて、今日も真夏並みのじりじりと暑い一日でした。
札幌では午後3時ころに28.5℃でした。
その頃、上川や網走管内では31℃を超す真夏日を記録し、5月中旬ころの降雪との落差が大きすぎます。

大麻駅前から交差点越しに、残雪をいただいている山が見えます。
平年の記録があるわけではないのですが、今年は残雪の消え方が早くて、あと半月も経たないうちに無くなりそうです。
e0100772_22453810.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2014-06-02 22:47 | 自然散策

シリパ岬

e0100772_21392466.jpg


積丹半島の付け根に位置するシリパ岬です。
黄昏の海に長々と突き出した岬の向こう側に沈んだ陽の残光が、山の端を際立たせ、海面を薄く染めています。

「シリパ」とは、アイヌ語で「海中に突き出す山の頭」を意味するそうです。
フゴッペ洞窟の近くの海岸から撮影しました。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-05-26 21:57 | 風景