タグ:自然の風景 ( 494 ) タグの人気記事

五月晴れ

e0100772_22133561.jpg

今日は朝から雲一つ無い、まさに五月晴れと言える青空の一日でした。
この二、三日の肌寒さが嘘のように、気温もぐんぐんと上がって、夏日となった地点も多かったようです。
そんなお天気に誘われて、子どもと一緒に自転車で近くを走ったり、公園で遊んだりしました。
かなり紫外線も強かったようで、夕方には日焼けしたような感じがしました。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-05-11 22:23 | 空や雲など

兜岬のカブト岩

e0100772_22565019.jpg

先日、所用で余市へ行った折に、食事をしたドライブインの裏から兜岬がよく見えました。
地理的には小樽市忍路湾の東端に突き出した兜岬の突端が、実に不思議な形をしている岩です。
見れば見るほど不思議で、おどろおどろしさすら感じます。
奇岩の多い積丹半島の中でも一際目立つ存在だと思います。
カブト岩は忍路からはよく見えず、余市に入る手前の海岸からの眺めが最もいいと思います。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-04-17 23:23 | 旅行

啓蟄なれど

e0100772_22464870.jpg

今日、3月6日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」です。
冬ごもりしていた虫がはい出してくるころとされる。
現実には、南からの二つの低気圧が発達しながらオホーツク海で一つになって、道東地域では猛烈な暴風雪に見舞われています。
ここ、道央地域でも朝から冷たい風が強く吹き、時折り吹雪模様のお天気です。
虫たちも今しばらくは冬ごもりを続けなければならないようです。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-03-06 22:48 | 自然散策

お、重い・・・!

e0100772_21563585.jpg


結局この二日間で降った雪は46cmになりました。
今朝は、家の前に除雪車が置いていった雪の処理に一汗をかいてから出勤しました。
帰宅時、駅からの道筋で厚く積もった雪に押しつぶされそうな木を見て、がんばれよ!と声をかけたくなりました。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-01-23 22:07 | 自然散策

山の端あかりて

e0100772_20142633.jpg

この週末に家族で札幌近郊の保養センターに行ってきました。
朝、窓をみると山の向こうから日が昇ろうとしていました。
時刻は7時17分、冬至を過ぎてだんだんと日の出の時刻も早くなっているのでしょうが、まだ実感はありません。
外は-10℃を下回る寒さで、大寒の一日前ということが、さもありなんと納得できます。
まさしく季節は真冬ではありますが、山の端あかりて・・・などの言葉がふと思い浮かび、枕草子の世界だなと思いました。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-01-21 20:26 | 空や雲など

綿帽子

e0100772_18562328.jpg


例年よりも雪が少ないまま越年出来るかと期待していたのですが、やはりちゃんと降るべきものが降りました。
結局、25日の時点での積雪量は多かった昨年とほぼ同じ、平年の約2倍となっています。
願わくば、今年の雪はこれくらいで済んでくれれば・・・と思うのですが。

道ばたのナナカマドの赤い実が白い帽子を被っています。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-12-25 19:05 | 自然散策

ねっぱり雪

「ねっぱる」とは北海道の方言で、「ねばりつく」、「くっつく」という意味です。
正式な呼び方ではありませんが、湿った雪で木の枝や電線などに着きやすい雪のことをいいます。
気温が高い状態で降ってくることが多いので、今年の冬に降る雪はほとんどが湿雪で、ねっぱる雪です。
昨日の午後から夜にかけて江別ではねっぱり雪が降り、15cm近くも積もりました。
降ってくる雪が次々にくっついて、木の枝は重そうに垂れ下がっています。
くっつきすぎると枝が基から折れたり、木全体が倒れたりします。
e0100772_22291191.jpg


18時過ぎに犬の散歩の途中、近くの公園で雪を被って重そうな木を見て、iPhone5で撮影しました。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-12-03 22:31 | 自然散策

クレーンが降りる-札幌三井JPビルディング(仮称)

e0100772_222841.jpg

道庁赤レンガ庁舎前で建築中のビル-札幌三井JPビルディング(仮称)がだいぶ出来上がってきました。
外壁はほぼ8分通り窓サッシが設置され、残るは下層階だけになりました。
ということで、これまでの工事で活躍していたクレーンの「円山」と「豊平」もいなくなりました。
屋上に残っていたクレーンが降りる作業が進んでいます。
大きなクレーンが解体されて、代わった小さなクレーンで吊り下ろされ、これが順に繰り返されて、最後には全てのクレーンが無くなります。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-11-23 22:37 | 札幌

薄明に浮かぶ港

遠くに神戸が見え始めた頃に、昇った日が雲間から港の内外を照らしました。
専門用語では薄明光線ですが、もっとロマンチックな呼び方では天使の梯子が雲間から延びています。
時刻は6時30分過ぎ、神戸港へは7時に入港する予定です。
e0100772_2252566.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-11-09 22:52 | 旅行

清流-錦川

錦帯橋が架かっている川は錦川です。
何度も橋を流失させて、錦帯橋の架橋の原因となった暴れ川の印象が全くない、澄んだ水が静かに流れています。
対岸の山の上に見えるのが岩国城です。
e0100772_22295056.jpg

洪水の時の激しい流れから橋脚を護るために、橋脚の周囲には石畳が敷かれています。
川底の石が見える澄み切った流れに釣り人が一人、糸を垂れていました。
鮎でも釣っているのでしょうか。
対岸には大きな桜の木が並んでいます。
お花見の時にはさぞきれいだろうなと思われます。
e0100772_22352362.jpg

川面に橋の影が映っています。
アーチの形がはっきりと分かります。
橋の上に見える人影は私です。
e0100772_2239827.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-10-28 22:40 | 旅行