タグ:自然の風景 ( 493 ) タグの人気記事

安芸の宮島とフェリー

山陰の松江を出発したのが8時半頃で、広島県廿日市市宮島町に到着したのは11時過ぎでした。
厳島神社のある宮島へはフェリーに乗って行きます。
フェリーはJR西日本と広島電鉄の子会社である宮島松大汽船の二社が運航していました。
どちらもほぼ15分おきに発着しているので、会社を選ばなければ待たずに乗れるようです。
私たちが乗ったのは宮島松大汽船で、宮島口を出て約10分で宮島に着きます。
e0100772_20502482.jpg

安芸の宮島または宮島と云うのは通称で、厳島と呼ぶのが正式のようです。
島の最高峰は弥山(535メートル)で、その内懐に抱かれるように厳島神社があります。
遠くからでも有名な大鳥居が見えます。
e0100772_211064.jpg

島の人口は約1800人で、年間300万人を超える参拝客及び観光客が訪れるそうです。
二社のフェリーがフルに運航しても十分に採算がとれるはずですね。
e0100772_216783.jpg


台風26号の接近に刺激されてか、道内の各地で初雪が降りました。
帯広の方では積もるほど降ったそうで、平年と比べると10日以上も早いとのこと、
江別では初雪にこそなりませんでしたが、冷たい雨が朝から夜まで降っていました。
冬が間近なことを痛感させられます。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-10-16 21:11 | 旅行

利尻と風車とハクチョウと

昨日から所用のために稚内へ行って、きょう帰ってきました。
今朝、早めにホテルを出て大沼へハクチョウを見てきました。
沼と云うにはちと広すぎる大沼ですが、対岸には風車の列がゆったりと回り、その向こうには既に冠雪をした利尻山が見えました。
ハクチョウたちはさらに南へ向かう旅の途中での一休みでしょうか、朝になっても眠っている個体が多く見られました。
季節ネタですので、割り込みでアップしました。
e0100772_21324924.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-10-14 21:33 |

大山と箱庭の集落

新千歳空港から仙台空港を経由して、伊丹の大阪空港に到着したのは12時を過ぎていました。
三日間ずっと私たちを運んでくれた両備バス、岡山県で最も大きいバス会社に所属する観光バスです。
e0100772_2030221.jpg

中国自動車道から米子自動車道に入り、蒜山(ひるぜん)高原から鳥取県の名峰として名高い大山が見えました。
残念ながら頂上に雲がかかって全景が見られません。
荒々しい感じの大きな活火山という感じでしたが、反対側の鳥取からは裾野の長い優美な姿だそうです。
深い森が途切れた所に小さな集落があります。
e0100772_20371010.jpg

府県の山間を行くと、本当に箱庭のような小さな集落が点在しています。
それぞれが長い歴史を持ちながら現在まで残っているのでしょう。
中には、もしかしたら平家の落人部落かも?と想像されるところもあります。
e0100772_20413352.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-10-04 20:42 | 旅行

秋空の百合が原公園

札幌市の北、丘珠空港の近くにある百合が原公園は昭和54年に造成が開始されました。
全体の面積は25.4haの総合公園で、温室や庭園、花壇広場、ロックガーデンが年次を追って整備されました。

サイロ展望台は、芝生広場内にあり、公園のシンボル的存在です。
e0100772_21245488.jpg


きれいに整備された園内は秋の草花が目立ち、深まりつつある秋の気配を感じます。
同じ都市型の公園でも、東京の日比谷公園と比べて、さすが北海道と思います。
e0100772_21363085.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-09-16 21:41 | 札幌

通り雨

最近は毎日のように雨が降って、傘は手放せません。
とくに、降ってはすぐ止み、止んではまた降るような降り方が多く、まさしく「○○心と秋の空」です。
今日、所用で道庁の赤レンガ庁舎前庭を歩いている時もにわかに降り出しました。
名残の花をつけている睡蓮を浮かべた池の水面に落ちる雨が面白くて撮ってみました。
e0100772_21563431.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-09-03 21:57 | 札幌

豊作の予感

先週の金曜日に所用で旭川と比布に行ってきました。
快晴で照りつける日差しがじりじりと肌を焼くように暑く感じられました。
春の不順なお天気で農作物の作柄が心配されていましたが、7月の好天と高温経過で水稲はの作況は平年並みになっています。

比布町の水田では、もう稲穂が垂れ始めていました。
8月に入っても連日の真夏日で、このままでいけば豊作が期待できそうです。
e0100772_2052712.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-08-08 20:53 | 風景

エゾニュウの森

e0100772_22112227.jpg

自宅から大麻駅までの道筋にある森では、いまエゾニュウが花盛りです。
エゾニュウは巨大な草で、高さが1mから3m近くまでなり、周囲の草花を抜いて立って、とても目立ちます。
小さな花が30~40個集まって散形花序をつくり、さらにそれが5~7個も集まって大きな複散形花序を構成しています。
まさしく、草の王様と云われるにふさわしい姿です。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-06-22 22:23 | 自然散策

夏を思わせる雲が・・・

e0100772_21201586.jpg

今日の勤めを終えて大麻駅から自宅までの途中で、ふと空を見上げると夏を思わせる雲が重なって浮かんでいました。
気温は夏日には至りませんでしたが、昨日よりも上がって24℃を上回って、少し暑さを感じるくらいでした。
5月に入ってからも低温の日が続いてぼやいてばかりいましたが、ようやく普通の年並みに戻ってきました。
遅れている農作業や作物の生育が、この後の順調な天候で回復することを期待します。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-05-30 21:29 | 空や雲など

冠水したどんぐり橋

この冬に降った大雪が先週来の暖気で一気に融けて、自宅から駅までの途中にある沢では水が溢れていました。
普段は狭い排水溝の底をちょろちょろと流れているだけなのですが、今は一見して湿原のようにも見えます。
e0100772_21223251.jpg

水路の先に「どんぐり橋」と名付けられた橋が架かっていて、沢筋に近い住宅に住んでいる人たちが駅までの近道として使っています。
例年にない大量の融雪水のためにどんぐり橋が冠水してしまい、通行止めとなっていました。
今日、写真を撮りにそばまで行きましたが、水が少し引いてきたので、橋の表がようやく顔を出したようです。
まだ通行止めの表示は出ているのですが、やはり近道を求めて通る人はいます。
e0100772_21311856.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2013-04-10 21:32 | 自然散策

早春の白樺林

e0100772_22543919.jpg

初夏の頃、若葉萌える白樺林は胸躍る感じで好きですが、
雪まだ融けやらぬ早春の白樺林も期待に満ちています。
[PR]
by kitanonezumi | 2013-04-06 23:00 | 自然散策