タグ:Canon Eos 30D ( 302 ) タグの人気記事

盆入りに

我が家で飼っている犬二頭の内の一頭、ギンが昨晩の11時ころに逝きました。
享年16歳くらい、保健所から引き取ってきた時に推定2~3歳で、我が家の一員となってから14年が経っていました。
数年前から肛門のところに腫瘍ができて、「麻酔をかけての手術は年齢を考えると勧めない」と獣医に言われていました。
1ヶ月ほど前から腫瘍から出血するようになり、じょじょに衰弱して歩けなくなり、一週間ほど前からは水しか飲まない状態でした。
e0100772_21555181.jpg

10歳くらいの、まだ若い時の写真です。
暑さが続いている時でもあり、今朝すぐに江別市葬斎場に火葬の予約を入れて、荼毘にふしました。
申込みの時に「骨上げをしますか?」と聞かれ、「はい」と答えると、「では4100円になります」と言われました。
おそらく骨を持ち帰らない人もいて、その場合は葬斎場の裏手にある動物供養碑に葬られるのでしょう。
今日13日は盆の入り、年に一度帰ってくる先祖の霊をお迎えする日とされています。
帰ってくる日に送り出すのはややこしいので、お盆が過ぎてから庭の片隅の、先に逝った我が家のペットたちが眠っている場所に埋けてやろうと思います。

盆入りに 逝きたるいぬの 骨拾う
[PR]
by kitanonezumi | 2011-08-13 22:25 | ペットたち

タイヤ交換

スタッドレスタイヤを夏タイヤに交換する作業も、北海道の春の風物詩の一つです。
気の早いせっかちなひとは3月下旬ころから、平均的には4月の上旬から中旬にかけてタイヤを履き替えます。
我が家も先々週に、自宅前の道路でタイヤ交換の作業をしました。
スタンドへもっていってやってもらえばタイヤ4本で3千円くらいはかかるので、たいていは自前でやります。
家族総出でタイヤ交換をしているほほえましい光景も見られます。
e0100772_23205352.jpg

暖かくなったとはいえ、峠などではまだ雪が降りますので、遠出をするにはまだ冬タイヤが必要です。
[PR]
by kitanonezumi | 2011-04-23 23:23 | 人物

フキノトウ咲いた

幾重にも包まれていた花の蕾が恥ずかしそうに顔を出し始めています。
本当の開花は小さな花の蕾が開いて、雄株だと雄しべが伸びて、雌株だと白い毛のような雌しべが出てきます。
雌しべが受精して種子が出来るとタンポポのような綿毛が開きます。
「とうがたつ」は漢字では「薹が立つ」と書き、「薹」は「蕗の薹」から来ているようです。
フキノトウは蕾のうちは独特の風味で珍重されますが、花が開いてしまうと食用にはなりません。
食べるための適期を越してしまった状態を「とうがたつ」とは、実に言い得て妙な表現だと思います。
e0100772_23415777.jpg


今まさに炎が燃えさかっている火災現場を目前にして、火を消そうと躍起になっている消防士のやり方が悪いと批判し難癖をつけている人たちがいます。
今なにより大事なのは火を消すことであって、消防士の足をひっぱったり、辞めろということではないのです。
批判したい気持ちはわかるけれど、それは消火した後でゆっくりとしたらいいことです。
批判だけして事態の収拾に役立つ行動をしていない人に、あなたがやればもっと上手に消火できるという保証があるのかを聞きたいです。
未曾有の災害に対して、口では一致団結を唱えながら、その実は権力争いに利用している人たちは、本当に醜いと思います。
[PR]
by kitanonezumi | 2011-04-22 23:55 | 自然散策

朝顔

朝顔の季節です。
植物の写真を載せる時、ふつうは名前をカタカナで書くのですが、朝顔の場合は漢字で書く方がしっくりする感じがします。
毎朝、庭で20個ほどの花をつけていますが、日本在来の品種のようで、西洋朝顔に比べると花も小さくて地味です。
でも、じっくりと見ると深い色合いがなかなかきれいです。
e0100772_23202826.jpg

花びらの奥に雄しべと雌しべがひっそりと抱かれています。
花は午前中には萎んで落ちてしまいますが、ツユクサのように儚さの象徴と考える人はいないようです。
e0100772_23265663.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2010-08-27 23:27 | 自然散策

夕暮れの公園

e0100772_22435018.jpg

春の彼岸が過ぎて、日没が6時近くまで延びました。
”春の晴天は3日は続かない”とのことですが、やはり今日は朝からどんよりと曇って、夕方からまた雪がちらついています。
夏の公園は夕方6時を過ぎても、少年野球の練習や芝生でサッカーボールを蹴る人などで賑やかですが、
春は名のみの今時分、夕暮れの公園は人っ子一人見あたらず、ひっそりと静かです。
[PR]
by kitanonezumi | 2010-03-25 23:09 | 自然散策

踊ってる!

e0100772_2250657.jpg

今日は久しぶりに朝からよく晴れた一日でした。
夕日を浴びて、プラタナスの幹が赤く染まっていました。
自由奔放に思い思いの方向に伸びている幹と枝を見ていると、踊っているように思えました。
間もなく訪れる春を喜んで・・・?
[PR]
by kitanonezumi | 2010-03-24 22:55 | 自然散策

つかの間の燦めき

e0100772_22494338.jpg

雪解けが進んでくると、雪の表面には面白い造形が見られます。
太陽の光を浴びながら、つかの間の燦めきを見せてくれます。
[PR]
by kitanonezumi | 2010-03-23 22:50 | 自然散策

散歩のマナー

e0100772_22352073.jpg

飼われている犬にとって、散歩は食事の次に欠かせない楽しみです。
でも、散歩をさせている時のマナーを守らない人がいるために、肩身の狭い思いをすることが少なからずあります。
雪解けが進んでくると、雪の下からマナー違反の証拠物が現れてきて、犬を飼っている人間ですら不快な気持ちにさせられます。
犬に罪はなく、させている人間の問題だ考えるのですが、果たして悪いことをしているという認識すら無いのではとも思わされます。
ま、マナーやルールの無視は犬の散歩に限ったことではありませんが・・・
[PR]
by kitanonezumi | 2010-03-22 22:55 | ペットたち

番犬

e0100772_22491983.jpg

我が家の、かなり優秀な番犬です。
見知らぬ人が敷地内に入ってくると、かなり強烈に吠えるので、呼び鈴がなる前に来客のあったことが分かります。
もちろん、郵便や新聞を届けてくれる人は認識しているので、吠えることはありません。
犬のいる家は空き巣が避けると言われますが、頼りがいのある番犬です。
[PR]
by kitanonezumi | 2010-03-21 23:45 | ペットたち

雪の表情

降ったばかりの雪はふわふわしていて、綿のようです。
e0100772_21584126.jpg

写真は、毛を刈られる前の綿羊に似ているな、と思って撮ったのですが、そう見えるのは私だけかもしれません。

「春の低気圧」
日本列島を南から北まで縦断した春の低気圧、長崎や宮崎まで雪を降らせて、
今日から明日にかけては十勝、釧路など道東方面にかなりの大雪をもたらしそうな気配です。
3月にはいってから道東で大雪が降るのは、何年かに一回のわりでよくあることのようです。
交通障害はもちろんですが、農家ではビートの育苗ハウスがつぶされたりすることがあって、迷惑な低気圧です。
でも、この後に気圧配置が冬型から春型に変わって、本格的な春になればいいなというのは、希望的観測です。
[PR]
by kitanonezumi | 2010-03-10 22:13 | 自然散策