タグ:RICHO CX4 ( 378 ) タグの人気記事

大通公園の紅葉

水曜日、所用で大通公園の12丁目を通りかかった時、見事な紅葉を見ることが出来た。
e0100772_21523688.jpg
今が盛りの鮮やかな赤と黄色に装った木々を、写真に収めようと足を止める人が多くいました。
大通公園のいちばん西の端まで足を延ばして初めて見られる、紅葉の穴場かもしれません。
e0100772_21523561.jpg
今週の月曜日に初雪が降ったことが嘘のように思えるいいお天気に、グラデーションの赤が映えています。
秋の終わりに、こんないい紅葉を見ることが出来てラッキーでした。
e0100772_21523513.jpg


[PR]
by kitanonezumi | 2017-10-28 22:00 | 札幌

秋色グラデーション

e0100772_22351518.jpg
今週の水曜日に道庁赤レンガ庁舎の前庭を通りかかった時に、木々の葉がグラデーションに
色づいていました。
来週にはもう少し色が濃くなっていると思われます。

今日は予想外に温かかった土曜日でした。


[PR]
by kitanonezumi | 2017-10-21 22:40 | 自然散策

ひまわり

e0100772_22153925.jpg

昨日、南幌町を通りかかった時に広いひまわり畑を見かけました。
ぱっと見、10ヘクタールもあろうかと思われる広さ一面がひまわりの黄色に彩られていました。
こんなにも広いひまわり畑を見るのは久しぶりです。

ひまわりといえばすぐに思い浮かぶのは、「ひまわり」という映画です。
1970年公開のイタリア・フランス・ソ連の合作映画です。
マルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンが主演し、監督はヴィットリオ・デ・シーカです
そして、なによりもヘンリー・マンシーニによる哀切を帯びた主題曲が今も胸に迫ります。

1970年(昭和45年)は私が中標津町に赴任、社会人として一歩を踏み出した年ということを思い出しました
年を数えれば遙か昔のことですが、ひまわりを見て呼び起こされる思い出はつい昨日のように感じます。




[PR]
by kitanonezumi | 2017-10-10 22:34

四つの大きな目玉

とうとう10月ですね。
「明日は平年並みに寒くなる」との予報がなかなか当たらずに、今日も昼間は汗ばむ陽気でした。
写真は八月末に写した一枚ですが、クジャクチョウが我が家の庭の帝王貝細工(ムギワラギク)を訪れていました。
翅の表側にある四つの大きな目玉模様が特徴です。
クジャクチョウは成虫で冬越しをするので、このチョウも今のうちにたっぷりと蜜を吸って、栄養を蓄えているのかも知れません。
来年の春にまた会えるといいなと思います。

e0100772_22570576.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2016-10-01 22:57 | 自然散策

トンボの季節

あくまで暦の上でのことですが、8月7日は立秋でした。
7月の下旬頃から暑い日が続いていましたが、今日は道内で真夏日を記録した場所はなかったとのことです。
朝、夕も涼しくなってきて、今朝のラジオ体操の時には風が冷たく感じました。
e0100772_18523335.jpg
先月の末頃からトンボが飛んでいるのを見かけるようになりました。
空いっぱいに群れをなして飛ぶのはもう少し先ですが、トンボの姿で秋の初めを感じます。



[PR]
by kitanonezumi | 2016-08-10 18:54 | 自然散策

上空飛行と低空飛行

e0100772_21443358.jpg


体調、気分ともにいまいちで、ブログへのアップも低空飛行が続いています。
季節は春となって、今日から4月です。
上空高く飛びたいですね。
[PR]
by kitanonezumi | 2016-04-01 21:58 | 自然散策

渡りの途中で

e0100772_229362.jpg


お彼岸なのでお墓参りに行ってきました。
道すがら、例年よりも早くに雪が無くなった水田に、渡りの途中で休んでいるハクチョウの群れを見ました。
カモやがんなどと違って、ハクチョウは川や沼、湖などの水場の他に水田や畑などでも降りているのが見られます。
落穂などでもあるのでしょうか、賑やかに鳴きかわしながら地面をつついたり、羽ばたきをしていました。
あと何日かしたら、北へ向かって再び飛び立つのでしょう。
無事な旅を祈ります。
[PR]
by kitanonezumi | 2016-03-21 22:17 | 自然散策

縄張りは墓地

一ヶ月前に撮った写真です。
お彼岸の墓参りに行った時、日暮れ間近で私たちの他には人はいませんでした。
一匹のキツネがひょこひょこと私たちの方に近づいてきました。
体はそれほど大きくなく、だいぶ痩せているようでしたが、毛並みはきれいです。
かなり人慣れしているようで、カメラを向けても逃げる様子はありません。
たぶん、この墓地を縄張りとしていて、お供え物を食べたりしているようでした。

e0100772_21241369.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2015-10-21 21:25 | 自然散策

グラデーション

e0100772_2130888.jpg


ヘブンリーブルーのような鮮やかな単色もいいのですが、
中心の薄紫から青色を経て周囲の白色までのグラデーションがとてもいいです。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-08-14 21:34 | 自然散策

後ろ姿

e0100772_2213574.jpg


朝顔の花を写す時、前から撮るのが私の定番でしたが、
たまには趣向を変えてと思い、後ろから撮ってみました。
蟻が一緒に写っていたのが愛嬌ですね。
西洋朝顔で品種名は「ヘブンリーブルー」です。
夏空のような淡い青色がとても清々しくきれいです。
[PR]
by kitanonezumi | 2015-08-13 22:09 | 自然散策