色づくナナカマド

9月も今日で終わり、今年も残すところ3ヶ月になりました。
ありきたりの言葉で毎年この時期になると言い交わすのですが、「月日の流れが早いですね」。

札幌駅前広場に植えられているナナカマドの実も赤く色づき始めました。
今はまだ朱色に近いのですが、もう少し寒さが増すと真っ赤に変わっていきます。
秋晴れの青空に映えてとてもきれいです。
e0100772_2217266.jpg


開くか?風穴
政権が交代してこれまでにない新たな動きが活発になっています。
その典型が各省庁から既に出されていた来年度予算の概算要求を全面的に見直すとのことです。
前政権の時には、利権と結び付いた事業、公共工事の予算枠がタイトに決まっているために、非常に硬直化した予算になっていました。
そのために、財政健全化には医療、福祉と教育予算を減らしていく手法がとられ、国民に強くしわ寄せを押しつけるものでした。
さらに、空港整備特別会計をはじめとした一般予算とは別枠で湯水のように税金を無駄遣いしてきた仕組みもあります。
これまでは、どれほど改善を求めても利権に群がる企業、族議員、天下り官僚などによる厚い壁に跳ね返され、無力感しか得られませんでした。
新政権によってその厚い壁に風穴が開く可能性が出てきました。抵抗勢力の力は侮れないものがありますが、なんとか頑張って欲しいと祈る思いです。
情報をどんどん公開して国民を味方にしていくことが、抵抗勢力に対する力になります。
by kitanonezumi | 2009-09-30 22:58 | 自然散策


<< 稔りの秋 イヌサフラン >>