桜と原爆ドーム

e0100772_23271758.jpg

原爆ドームは広島市に投下された原子爆弾の悲惨さを伝える記念碑で、世界遺産にも登録されています。
街は一瞬のうちに焼け野原となり、かろうじて生き残った人々の上に黒い雨が降って放射能を浴びせました。

戦後60年以上が経過し、百万都市として復興を遂げた現在の広島市の様子や、見事に咲いている桜だけを見ていると、
つい過去のことを忘れてしまいそうになりますが、悲惨な歴史を決して忘れてはいけないと原爆ドームは教えてくれます。
オリンピックの開催地に立候補することで、ノーモア・ヒロシマを世界にアピールできるのであれば、それはそれでいいと思います。
また、今年の8月にはオバマ大統領が慰霊祭に出席してくれることを望みます。
[PR]
by kitanonezumi | 2010-04-06 23:47 | 乗り物など


<< 越冬したホテイチク 赤坂見附 弁慶堀の桜 >>