意外と撮れるCX3

昨日のキッズフェスティバル、予想に違わずたくさんのデジタル一眼レフやビデオカメラの列が、全体を見渡せる好位置に陣取っていました。
我が子や我が孫の晴れ姿を映像に収めようとする熱意が伝わってくる場面でした。
私は先日それまでのCX1を息子にやって、代わりにまんまと入手したCX3をショルダーポーチに入れての見学でした。
CX3を入手してから、初めての本格的な使用という感じではありましたが、意外とよく撮れるのに驚きました。
やはりCX1の光学7.1倍ズームと比べてCX3の光学10.7倍ズームは、遠く離れた場所からの撮影には威力がありました。
もちろん、手持ちでの撮影でF5.6のレンズとISOが1600という条件ではクリアな写真は望むべくもありません。
そうしたずぼらと低いハード性能の条件としては、撮れた写真は私の期待値を上回っていて、L判くらいの大きさの写真ではそれなりに鑑賞できます。
パソコンの大きな画面では、手ぶれと被写体ぶれと高感度ノイズなどの荒さが目立ちますが、雰囲気はつかめていると思われます。
e0100772_23283817.jpg

e0100772_23291365.jpg
e0100772_23293478.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2010-10-18 23:31 | カメラと機材


<< 天高く キッズフェスティバル >>