人気ブログランキング |

天高く-2

昨日、雪虫が飛んでいるのをこの秋になって初めて見ました。
トドノネオオワタムシをいうのがこの虫の正式名称なのですが、北海道の人には雪虫という名の方が親しみがあります。
それは、雪虫が飛んでから1週間から10日間ほどの間に初雪が降ると言われているからです。そしてこのことがほぼ間違いなく当たります。
ですから、来週の中頃には平地でも初雪の便りがあるのではと思われ、いよいよ冬に向かっての覚悟を定めていかなくてはなりません。
e0100772_22121960.jpg

秋の澄んだ青空に浮いた綿雲が流れていきます。
古い人間である私の頭の中には、美空ひばりさんの「りんご追分」のメロディーが浮かんできました。
「お岩木山のてっぺんを 綿みてえな白い雲が ポッカリポッカリ流れて行き・・・」という台詞にある情景がぴったりくとくる眺めでありました。
もっとも、「リンゴ追分」はリンゴの花びらが散る春の歌なのですが。
e0100772_22125638.jpg

だいぶ葉が落ちてしまったシラカバの枝先に、まとわりつくかと思われるほどに綿雲がゆっくりと流れていきます。
by kitanonezumi | 2010-10-21 22:16 | 自然散策


<< 色づく銀杏 天高く >>