人気ブログランキング |

SL冬の湿原号

お正月休みは昨日で終わって、今日から仕事が始まりました。まだ休みの会社もあるらしく、電車
は普段の8割くらいの乗客だった。朝と夕方に霰のような雪がぱらついた程度で、お天気は比較的
穏やかな一日でした。予想天気図を見ると、週末にかけて二つの低気圧が北上してくるらしく、日曜
日には荒れるかも知れないので、ちょっと心配です。

今日の写真は2002年の1月13日に撮影したSL冬の湿原号です。1月から3月までの間、釧路と
標茶の間を往復するSL列車で、冬の釧路湿原観光の目玉の一つです。途中の停車駅である茅沼
では運が良ければタンチョウが見られるかもしれません。
本当は乗車したかったのですが、それは諦めてせめて写真でもと中標津から出かけて行って写し
て来ました。
塘路湖方面から湿原を抜けて茅沼駅に到着です。
e0100772_2257240.jpg

SLの二重連です。写真撮影の人が線路内に入らないようにロープが張られています。
e0100772_22584692.jpg

停車時間中に乗客が降りて記念写真を撮ったりしています。
e0100772_230812.jpg

茅沼駅の出発する時は、撮影者へのサービスのために盛大に煙を出してくれました。
e0100772_2321162.jpg

最後尾の車両には展望台があって、乗客が手を振ってくれました。
e0100772_2332242.jpg

車で先回りをして、標茶駅の手前でもうワンショット撮影しました。初めてのSL撮影だったので
撮影ポイントもわからずに、満足な写真は撮れなかった。リベンジをと思っていたのだけれど、
果たすことは出来ませんでした。
e0100772_2372849.jpg

(Nikon Coolpix E995)
by kitanonezumi | 2007-01-04 23:09 | 乗り物など


<< 札幌駅前の個性的なビル 犬の散歩 >>