人気ブログランキング |

羅臼のオオワシ

2月も今日で終わりだ。気象庁のルールでは冬は今日までで、明日からは春になるのだそうだ。尾岱沼から羅臼までの小旅行での写真も今日で
打ち止めにする。「羅臼のオオワシ」とのタイトルをつけたものの、35mm判に換算して152mmしかないE995の望遠能力では、残念ながらせっ
かくのオオワシも小さな点にしか写らない。ともかく見ることが出来たという証拠写真として残しておくことにする。
流氷の上にオオワシがとまっているのがわかるであろうか^^;
e0100772_21595425.jpg

夕方に近づくと山の塒へと帰って行く。
e0100772_2211057.jpg

シルエットではあるけれど4羽いるのが見える。
e0100772_224080.jpg

かみさんへのサービスのための半日あまりの駆け足での観光だったけれど、多くの野生動物に出会えうことができ、かみさんも満足していた。
世界遺産に指定されてからの羅臼の様子は分からないが、豊かな自然と野生動物に代わりがないことを望みたい。一方で、主力産業である
漁業に今後の大きな発展が期待できない中で、高齢化と人口の減少が進んでいるこの地域の将来を考えると、心配な面が多々ある。中央との
格差が是正されないままでは、ますます衰退への道をたどる恐れがあると考えるのは、私だけではないはずである。
(Nikon Coolpix E995)
by kitanonezumi | 2007-02-28 22:05


<< 沖縄にて-万座毛の断崖・絶壁 羅臼のエゾシカ >>