人気ブログランキング |

オオハナウド-粗にして野であるが卑ではない

e0100772_22183870.jpg

毎朝、自宅から駅へ、そして毎夕、駅から自宅へと歩く通勤路。正面に白い花をつけた木はナナカマドで、今はもう花は散って小さな実が
ついている。左側は7~8mほどの沢になっていて、春から秋まで様々な種類の植物が花を咲かせ、紅葉して楽しませてくれる。
この道を自転車で通う人も少なくないが、多少の時間はかかるけれど、四季の移りかわりと時の流れを肌で感じるのには、歩きが一番だ。
今週は、谷間の薄暗い中でオオハナウドの花の白が際だって見える。背が高く、茎も太くていかにも野生の植物の感じだが、沢山集まって
いる花の一つ一つは繊細で美しい。
e0100772_23142064.jpg

e0100772_2314396.jpg

(Nikon Coolpix E995)
by kitanonezumi | 2007-06-20 23:15


<< ニセアカシア 夕暮れの空に舞う >>