人気ブログランキング |

2006年 10月 22日 ( 1 )

道庁前庭の鳥たち

先日、道庁前庭の池にいるカモをOptioで写すことに失敗したので、Eos 30Dを持ってリベンジに行きました。しかしながら雲が厚くたれ込めて、小雨がぱらつく生憎のお天気のために早いシャッターが切れずに、またもや失敗の返り討ちに遭いました。もっと明るいレンズが必要なのか、それとも単に技術の問題なのか?

独り者の雄ガモ(マガモ)がぼんやりと浮かんでいます。激しく動いていない時は、何とかぶれていない写真が撮れました。
e0100772_2114376.jpg

カモの群れの中にカモメ(オオセグロカモメ)が一羽、混ざっていました。羽の色から見てまだ幼鳥なのだと思われます。最近は、海岸から離れた札幌でカモメを見ることは珍しくなくなりました。カモメに限らず、野生の動物たちの生活様式が少しずつ変わってきているように思えます。
e0100772_21185570.jpg

道庁の前庭で一番、我が物顔に振る舞っているのがカラス(ハシボソガラス)です。昼間は数が少ないのですが、夕方になると戻ってきて樹の枝先に鈴なりに留まっています。嫌われ者ですが、よく見ると可愛い顔をしています。
e0100772_20254089.jpg

by kitanonezumi | 2006-10-22 21:33 | 札幌