人気ブログランキング |

2008年 09月 12日 ( 1 )

風流犬

e0100772_22402493.jpg
(Pentax Optio S)
犬を飼っている農家は少なくありません。むしろ、その割合は町場に住む一般世帯よりもはるかに高いと思われます。
その理由として、昼間に畜舎や畑に出ていて住宅を留守にすることが多いので用心のためと、町場と違って隣家から離れている上に
敷地が広いので犬を飼うことによって生じる問題が少ないこと、そしてキツネなどの野生動物が近づかないようにするためなどが考えられます。
そのため多くの犬は戸外で飼われており、種類も中型から大型犬が多いです。
また、ほとんどは鎖で繋がれていますが、鎖なしで自由に歩き回っている犬もよく見かけます。

平成15年(2003)9月、別海町の酪農家を訪ねて歩いた時に一頭の犬に出会いました。
犬小屋の表札をみると「リュウ」という名のようです。たぶん番犬としての役目を与えられているようで、体つきも立派です。
私たちが近づいた時、少し警戒する様子を見せましたが、主人と談笑している様子を見て吠えたてることはしませんでした。
なかなか頭がよく、躾もされているようです。見ていると犬小屋のそばに置かれた廃物利用のプランターに咲いている花に顔を寄せ、
舌先で花びらを舐めています。その様はまるできれいな花を愛でているようで、なかなか風流な犬もいるものだ、と感心した次第です。
(お粗末でした 003.gif
by kitanonezumi | 2008-09-12 23:16