タグ:自然の風景 ( 500 ) タグの人気記事

秋の山

今日から10月、秋らしい景色の写真はないだろうかと在庫を探ってみました。
オンネトーから望む雌阿寒岳と阿寒富士です。
e0100772_2291361.jpg


荒々しい岩肌をむき出しにして煙を吐いている雌阿寒岳と、美しいコニーデ型の山容の阿寒富士は対照的ですが、
二つの山はともに活火山です。
活火山と云えば、9月27日に噴火した御嶽山では、今日までに47人の死亡が確認されました。
楽しいはずの登山だったのが、一瞬にして戦後最悪の火山災害になってしまいました。
今さらながら、自然の恐ろしさと人間の無力さが実感されます。
亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りいたします。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-10-01 22:17 |

羊蹄山とアンヌプリ

先日の黒松内へ行く旅の途中、倶知安の手前で見た後志の山。

蝦夷富士こと、羊蹄山です。
標高1,898mの成層火山で、なぜか後方羊蹄山(しりべしやま)と書かれている場合も。
山頂に雲をまとわりつかせて、見事に円錐形です。
e0100772_221427.jpg


視線を90°右へ転ずると
ニセコアンヌプリ(1,308m)と、その右側の奥にはイワオヌプリ(1,116 m)が見えました。
「ヌプリ」はアイヌ語で「山」だそうです。
若い頃、ニセコアンヌプリは何度もスキーで登ったことを思い出しました。
e0100772_22102147.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2014-08-15 22:11 |

雲がわく岬

先月、余市町へ行ったときにフゴッペの浜から見たシリパ岬です。
e0100772_2218733.jpg


雨を含んだ厚い雲が低く垂れ込め、山間のあちらこちらから雲がわき出しているように見えました。
シリパ岬は先へ行くほど輪郭が単調になりますが、どっしりとした不思議な存在感があります。

e0100772_22225627.jpg


ちなみにシリパ岬の名前の由来は、「海中に突き出す山の頭」を意味するアイヌ語から来ているそうです。
いかにもそれらしい名付けですね。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-07-02 22:26 | 旅行

新緑の林をサイクリング

e0100772_2115156.jpg


先週の土曜日、野幌森林公園へ行ってきました。
子どもは公園の入り口まで車で運んでいった自転車に乗って同行しました。
森林公園の中は林道が整備されているので、自転車でも楽に走ることが出来ます。
濃さを増してきた緑に包まれて、気持ちよさそうにサイクリングを楽しんでいました。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-06-14 21:07 | 自然散策

残雪わずか

昨日に続いて、今日も真夏並みのじりじりと暑い一日でした。
札幌では午後3時ころに28.5℃でした。
その頃、上川や網走管内では31℃を超す真夏日を記録し、5月中旬ころの降雪との落差が大きすぎます。

大麻駅前から交差点越しに、残雪をいただいている山が見えます。
平年の記録があるわけではないのですが、今年は残雪の消え方が早くて、あと半月も経たないうちに無くなりそうです。
e0100772_22453810.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2014-06-02 22:47 | 自然散策

シリパ岬

e0100772_21392466.jpg


積丹半島の付け根に位置するシリパ岬です。
黄昏の海に長々と突き出した岬の向こう側に沈んだ陽の残光が、山の端を際立たせ、海面を薄く染めています。

「シリパ」とは、アイヌ語で「海中に突き出す山の頭」を意味するそうです。
フゴッペ洞窟の近くの海岸から撮影しました。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-05-26 21:57 | 風景

五月晴れ

e0100772_22133561.jpg

今日は朝から雲一つ無い、まさに五月晴れと言える青空の一日でした。
この二、三日の肌寒さが嘘のように、気温もぐんぐんと上がって、夏日となった地点も多かったようです。
そんなお天気に誘われて、子どもと一緒に自転車で近くを走ったり、公園で遊んだりしました。
かなり紫外線も強かったようで、夕方には日焼けしたような感じがしました。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-05-11 22:23 | 空や雲など

兜岬のカブト岩

e0100772_22565019.jpg

先日、所用で余市へ行った折に、食事をしたドライブインの裏から兜岬がよく見えました。
地理的には小樽市忍路湾の東端に突き出した兜岬の突端が、実に不思議な形をしている岩です。
見れば見るほど不思議で、おどろおどろしさすら感じます。
奇岩の多い積丹半島の中でも一際目立つ存在だと思います。
カブト岩は忍路からはよく見えず、余市に入る手前の海岸からの眺めが最もいいと思います。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-04-17 23:23 | 旅行

啓蟄なれど

e0100772_22464870.jpg

今日、3月6日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」です。
冬ごもりしていた虫がはい出してくるころとされる。
現実には、南からの二つの低気圧が発達しながらオホーツク海で一つになって、道東地域では猛烈な暴風雪に見舞われています。
ここ、道央地域でも朝から冷たい風が強く吹き、時折り吹雪模様のお天気です。
虫たちも今しばらくは冬ごもりを続けなければならないようです。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-03-06 22:48 | 自然散策

お、重い・・・!

e0100772_21563585.jpg


結局この二日間で降った雪は46cmになりました。
今朝は、家の前に除雪車が置いていった雪の処理に一汗をかいてから出勤しました。
帰宅時、駅からの道筋で厚く積もった雪に押しつぶされそうな木を見て、がんばれよ!と声をかけたくなりました。
[PR]
by kitanonezumi | 2014-01-23 22:07 | 自然散策